上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 牧小児童がコイを使った米作りに挑戦!

牧小児童がコイを使った米作りに挑戦!

2022年06月22日 17:31更新

棚田で昔ながらのコメ作りに取り組んでいる上越市立牧小学校の児童が21日(火)、田植えの終わった田んぼにコイを放しました。

Still0622_00000 (1)

牧小学校の5、6年生14人はコイを使ったコメ作りに取組んでいます。 

Still0622_00001

コイを田んぼに放すと水が濁り、雑草が生えにくくなるほか、水中の虫を食べてくれる効果があります。Still0622_00003

14人が自ら田植えした棚田に「育てよ~」と声をかけながらコイ18匹を放しました。コイは大きさが15センチから20センチほど、長岡市栃尾から取り寄せたものです。 

Still0622_00004

児童
「秋になって大きなコイや米を育てられるよう観察していきたい」

Still0622_00005

児童
「(秋には)コイが30センチくらいになると聞いて衝撃的。また来たい」

Still0622_00006

児童
「いろいろなコイにさわれて稲の成長も確かめられて良かった」

この日は、コメ作りを指導している地元の農事組合法人「雪太郎の郷」の代表、佐藤健一さんが、児童に昔の農家の暮らし方などを説明しました。 Still0622_00007

佐藤さん
「冬になると魚がなかなか食べられなかった。玄関先や縁の下に穴を掘ってコイを飼っていた。冬にすくってタンパク源として活用していた。そういうことは昭和30年代から40年代前半に終わってしまった……」

Still0622_00008

稲刈りの日には、田んぼの水を抜いて、児童がコイを捕まえることになっています。その後、コイ料理を味わうということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る