上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. インターハイをPR 上総高生徒が制作したカウントダウンボード設置

インターハイをPR 上総高生徒が制作したカウントダウンボード設置

2021年05月03日 16:46更新 - 3日前

全国高校総体、インターハイがこの夏開催されるのを前に、大会をPRしようと、弓道の競技会場となる上越市戸野目古新田の謙信公武道館に3日、高校生が作ったカウントダウンボードが設置されました。

Still0503_00003

設置されたインターハイのカウントダウンボード

ボードには、上越市が会場となる弓道と体操競技の2種目が描かれています。作ったのは県立上越総合技術高校の美術部です。美術部では、デザインを去年秋、部員から募集。この春、卒業した生徒のデザインをもとに制作しました。

Still0503_00004

美術部の池田香苗さんは「先輩の思いを受け継いで、(インターハイの)イメージに合ったもので(ボード制作に)取り組みたかったので、そのイメージ通りになるよう、配色、配置を工夫した」と話します。

Still0503_00001

配色は、インターハイのロゴマークで使われている赤や青など5色をメインに、また、躍動感が出るよう、影のデザインにこだわったということです。

Still0503_00002

この日は、完成したカウントダウンボードの除幕式が行われ、参加した上越総合技術高校の生徒が大会をPRしました。

上越市教育委員会の早川義裕教育長は「高校生からいろいろな広報活動や記念品作り、ポスターの図案など、様々なかたちで若い人の力やアイデアを借りている。大会が成功するよう、我々も一緒に頑張っていきたい」と話しました。

Still0503_00005

インターハイの高校生活動推進委員を務める、上越総合技術高校の竹内恵達さんは「自分はボランティアで参加する。インターハイが近づいてきて、(除幕式では)選手の緊張感が伝わる思いだった。大会まで残り少ないが、記念品の製作などで選手を応援したい」と話していました。

Still0503_00000

インターハイは7月24日から8月24日まで、1か月間の日程で、30種目が北信越地区と和歌山県の6県で開催されます。上越市では、謙信公武道館で弓道が、リージョンプラザ上越で体操競技が行われます。

カウントダウンボードは、謙信公武道館のほか、リージョンプラザ上越にも今月中をめどに設置される予定です。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 5月7日(金)6:30より配信