上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 熱い青春の証し!「甲子園の土」球児に届く

熱い青春の証し!「甲子園の土」球児に届く

2020年09月16日 17:38更新 - 4日前

新型コロナの影響で夏の全国高校野球が中止となったことをうけ、高校球児あこがれの甲子園球場の土が入ったキーホルダーが、上越地区の球児に届いた。

Still0916_00001

キーホルダーは、直径約3㎝、ボール型のケースに甲子園球場の土が収められている。これは、甲子園球場が本拠地の阪神タイガース矢野燿大監督などの発案で作られた。 この夏、甲子園をめざせなかった全国の球児のうち、3年生約5万人に贈られた。

Still0916_00000

このうち上越高校野球部では、3年生15人がキーホルダーを受け取った。

Still0916_00002

もと主将の霜鳥慎也さんは「甲子園は1年生からずっとあこがれの舞台。常に意識してきた。とてもうれしい」と喜びの笑顔を見せていた。

Still0916_00004

霜鳥さんにはあわせて県高校野球連盟が開いた独自大会3位の表彰状も手渡された。

Still0916_00005

3年生は、独自大会の終了をもって引退。いまは、それぞれが卒業後の進路実現に取組んでいる。

 Still0916_00003

霜鳥さんは「地元就職し地域に貢献したい。これからつらいことがあるだろうが、つらい時に土を見て、この時があったから今があると思い出してやっていきたい」と決意を語った。

3年生の滝澤周さんは「これまで我慢強くやってこれた。我慢強さをいかし進学し勉強したい。土は入試にお守りとして持っていく」と。

同じく3年生の池田比冴さんは「地元に残って就職する。野球にかかわり続けたい。10年後、野球をしている子どもたちや同世代に土を見せて自分の体験を話し、野球ができる喜び感じてもらいたい」と思いを語った。 

風間和夫校長は3年生を前に「これまで野球で培ったものを全力で発揮してください」と激励していた。

全国に配られた甲子園の土は400㎏だという。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月23日(水)6:30より配信