上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 深みのあるワインに 岩の原葡萄園で雪室雪入れ

深みのあるワインに 岩の原葡萄園で雪室雪入れ

2020年02月14日 15:31更新 - 1週前

ワインの熟成に欠かせない雪室への雪入れが14日、上越市の岩の原葡萄園で行われた。ことしは少雪で危ぶまれたが先週末、まとまった雪が降ったことで待望の雪入れとなった。

Still0214_00004

岩の原葡萄園ではここ数年、隣の牧区の雪を雪室に運び入れていた。しかし、今年は記録的な暖冬少雪で、山間地の牧区にも十分な雪がなかった。

Still0214_00000

雪室の活用は100年ほど前、創業者の川上善兵衛が考えたもので、ワインの熟成に欠かせないノウハウだ。

Still0214_00002

岩の原葡萄園製造部の建入一夫専任課長は「先週初めは全く雪がなかった。今年はやめようかと…。30年以上いるが初めて」と雪の少なさに驚いた。

Still0214_00003

そうした中、先週末まとまった雪が降ったため、ようやく牧区から雪を運び入れることができた。雪室は満タンで330トンの雪が入るが、今年は8割程度になるという。

Still0214_00006

雪が入ったことで今後は、隣りの樽熟成庫にある赤ワインを熟成させる。そのワインを味わえるのは15か月後、来年の夏になる。

Still0214_00008

Still0214_00007

建入専任課長は「室温18℃ほどで熟成させるので、深みのあるワインができる。2019年暮れからの雪はほとんど降らなかったと思い浮かべると、その年のワインの楽しみになる」と話した。

ご覧の記事の内容は2020年2月14日(金)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 2月14日 19:00~2月20日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 2月25日(火)6:30より配信