上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 爽やか&スパイシーが新感覚 80種以上のハーブ使ったスピリッツ&ジン

爽やか&スパイシーが新感覚 80種以上のハーブ使ったスピリッツ&ジン

2020年02月13日 19:44更新 - 2週前

健康食品を製造・販売する上越市の越後薬草は、80種類以上のハーブを使った蒸留酒のスピリッツとジンを開発し、13日から販売を始めた。これだけ多くのハーブを使った酒は世界で初めてということで、いったいどんな味なのか?

これが80種類のハーブを使った80SPIRITS(やそスピリッツ)と、さらに23種類を加えた80GIN(やそジン)だ。

Still0213_00000

13日関係者にお披露目され、飲んだ人からは「パンチが効いていて、クール&ドライ」「癖がなく、爽やか」と好評なようだった。

Still0213_00010

80SPIRITSは、県産ヨモギをベースにウコン、高麗人参など80種類のハーブを使い独特の香りが楽しめる。

Still0213_00003

一方、80GINは、さらにジュニパーベリーと呼ばれるジンを作るための木の実やシナモンなど23種類を加え、スパイシーに仕上げた。いずれもアルコール度数は41度。

Still0213_00004

塚田和志社長は「80SPIRITSは、ハーブや生薬の香りがダイレクトに味わえる。80GINは、植物やスパイスで作られるコーラのようなものを目指し、ハーバルでスパイシーにした」という。

Still0213_00007

塚田社長は、越後薬草の看板商品である植物発酵エキスを作るときに生まれる副産物のアルコールを活用したかったという。いろいろ模索した結果、たどり着いたのがスピリッツとジンだった。しかし酒造りの経験はない。酒蔵などからアドバイスをもらいながら試作を重ね、開発から半年。80種ものハーブを使った世界に類を見ない商品が完成した。

Still0213_00006

塚田社長は「ほかの酒造メーカーに、こんなのある?という言葉をもらいながら、うちらしいものが出来た。満足している」とオリジナリティを追求した。

発売日の13日は、前の社長で塚田さんの父、久志さんの命日。今回の商品開発は、65歳で急死した父の遺志でもあった。「天国で親父も良くやったと言ってくれていると思う」と、塚田社長は笑った。

Still0213_00005

80SPIRITSは4,800円(税別)。80GINは5,800円(税別)で、2,000本限定。いずれも700ml。インターネット(https://yaso80gin.jp/)で販売している。     

ご覧の記事の内容は2020年2月13日(木)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 2月13日 19:00~2月19日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 2月25日(火)6:30より配信