上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 上越ならではの名物デビュー!コメを使った菓子・パンを開発 

上越ならではの名物デビュー!コメを使った菓子・パンを開発 

2019年03月26日 10:42更新 - 4週前

上越産のコメを使った新しい菓子やパンがこのほど開発され26日、初めての販売会が上越市のオーレンプラザで開かれた。Still0325_00001

コメを使った菓子やパンは、上越ならではの商品を作ろうと上越市が企画したもので、市内の菓子店や飲食店が作った。そのうち、菓子は米粉を使ったバウムクーヘン2点と焙煎した玄米を使った2点、あわせて4点ある。また、パンは、焙煎した玄米を使っている。いずれも上越産のコシヒカリを活用した。Still0325_00000

上越ものづくり振興センターの上田真之さんは「コメどころ上越をキーポイントに商品開発をしたもらった。どれも素晴らしく良い商品になった」と話した。

Still0325_00005

写真左:御菓子処ほそ山「吉祥草」 
写真右:山川製菓店「さくらバウムクーヘン」

 御菓子処ほそ山「吉祥草」は10年前から販売しているものだが、今回小麦粉を米粉に変えたことでグルテンフリーになっている。水分の量などを調整して生地をしっとりとした食感に仕上げた。カシスのゼリーが挟んである。

山川製菓店「さくらバウムクーヘン」は上の層にはサクラの花、下の層にはサクラの葉を練り込み、バタークリームを挟んだ。米粉を使うことでもっちりとした食感になった。

Still0325_00004

 写真左前:パティスリー・フル―ル「玄米ダコワーズ
写真奥:フードサロンやさいのひ「焙煎玄米カンパーニュ」
写真右前:パティスリー・リリ「玄米ショコラ」

パティスリー・フル―ル「玄米ダコワーズ」は香ばしさとカリカリとした食感をチョコといっしょに楽しめる。

パティスリー・リリ「玄米ショコラ」は玄米を粉末にして生地にまぜ、香ばしさを出した。生地の上にも玄米をのせた。

フードサロンやさいのひ「焙煎玄米カンパーニュ」はフランスパンの一種で、焙煎玄米を生地に練り込んだ。かみごたえがあり、時間がたつほどしっとりとした食感に変わっていく。

この商品はそれぞれの店で先月から販売しているが、一堂に販売するのはこれが初めて。25日はさっそく試食をしながら買う人の姿が見られた。買った客は「かみごたえがあっておいしい」「コメが入ることでもっちりする」と話していた。

 上越市ではこれまでに上越ならではの名物として酒かすラーメンを企画している。今回の米粉を活かした菓子やパンはそれに続くもの。  上越ものづくり振興センターの上田真之さんは「ラーメンは来て食べてもらって、お土産に菓子やパンを食べてほしい」と話した。

 今後もこうした販売会が月1回のペースで、場所を変えて開かれる予定。

 ※ご覧の記事の内容は2019年3月26日(火)JCVニュースLiNKで放送(TV111ch) 初回18:30~
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間26日 19:00~4月1日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越ただいま配信中