上越妙高タウン情報

ライブ生中継
  1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 百年料亭で千年ワイン!ワイン文化学ぶトークショー

百年料亭で千年ワイン!ワイン文化学ぶトークショー

2018年10月11日 15:32更新 - 1週前

Still1011_00002d
イタリアのキャンティワインを飲みながら、ワイン文化を学ぶトークショーが10日、上越市仲町の料亭・宇喜世で開かれた。

このトークショーは、上越市でイベント会社を経営する清水剛さんが、イタリアのワイン文化を上越に紹介しようと企画した。

Still1011_00003d

ゲストは、イタリア、キャンティワインを代表するワイナリーで創業千年の歴史がある「バローネ・リカーゾリ」のオーナー、フランチェスコ・リカーゾリさん。聞き役はワイン通で知られるジャーナリスト、宮嶋勲さん。

トークでは、リカーゾリさんが、良いワインは良いブドウ作りから、何よりも土壌と気候にあわせることが大事だと話した。

Still1011_00004

キャンティ地方は、大陸性の気候で寒暖差が大きく、ワインに適したブドウが作れるとされている。しかし、最近は異常気象が続いていて、苦労が多いということ。

Still1011_00006

きのうは、上越市をはじめ、三条市や柏崎市からイタリア料理店のシェフ、日本酒の蔵元、酒の小売業者など50人が出席し、ワインを呑みながら、リカーゾリさんの話に耳を傾けていた。

 Still1011_00005 

リカーゾリさんは「最近は醸造機械や醸造コンサルが進歩して美味しいワインを作れる。旨さだけでなく、飲んだ後、記憶に残るワイン、土地を感じさせるワインを作りたい」と意欲を示していた。

キャンティワインを飲んだ 参加者は「喉にくる渋みがいい。男らしいガツンと来る渋さ」「合う料理は強い味がいい。塩クジラがいいかも」「昔からの郷土料理が合いそう」と。 

最後にリカーゾリさんは上越について「海があり背後に山、きれいな水、米も酒も魚もおいしそうだ……。宇喜世はすばらしい。伝統を守って細部に職人の技が生きている」と話していた。

※ご覧の記事の内容は2018年10月11日(木)JCVニュースLiNKで放送(TV111ch )初回18:30~

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

生中継
越後謙信SAKEまつり10/20 11:00より配信