上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 夏かぜ「ヘルパンギーナ」 上越・妙高で流行続く

夏かぜ「ヘルパンギーナ」 上越・妙高で流行続く

2018年07月12日 09:26更新 - 5か月前

上越市と妙高市で子どもが感染しやすい「夏かぜ」の代表的な疾患、ヘルパンギーナの流行が続いている。今週8日までの1週間で1医療機関当たりの患者数は41.17人と、先週から減少したものの、依然として警報基準「6人」を大幅に超えていて、注意が必要だ。

ヘルパンギーナは、せきやくしゃみなどでウイルスが飛沫し感染する。2日から4日間潜伏したあと、突然の高熱や口の中に水泡性の発しんがあらわれる。

上越保健所によると今週8日までの1週間で、上越市と妙高市における1医療機関あたりの患者数は41.17人。患者数は前の週より4.5人減ったものの、警報基準「6人」の7倍近くになっている。

予防には手洗い、うがいのほか、飛沫感染を防ぐためにマスクをすることが有効だ。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 12月18日(火)6:30より配信