上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. イベント
  3. 上教大附属小5年生が創作芸能披露(14日)

上教大附属小5年生が創作芸能披露(14日)

2017年01月12日 13:33更新 - 3年前

附属小2

上越教育大学附属小学校の5年生が14日(土)、岩手県の伝統芸能をモチーフにしたオリジナル作品「おらだの虎舞」を披露します。会場はバロー上越モールと本町イレブンプラザ。

Still0112_00002

「虎舞」は岩手県の大槌町や釜石市など、沿岸部に伝わる伝統芸能で、家内安全や五穀豊穣を願い、正月や祭り、祝い事の席で披露されている。附属小の5年生は、授業で岩手県の伝統芸能を題材にした宮沢賢治の「ししおどり」を読んだことで舞に興味を持ち、自分たちも挑戦しようと「虎舞」をモチーフにしたオリジナル作品「おらだの虎舞」を考案。

Still0112_00004

「おらだ」とは岩手県の方言で「私たちの」という意味。振付を考えたり、かぶりものを作ったり準備を進めてきた児童が、お囃子とともに、トラが遊ぶ様子を舞で表現します。

「おらだの虎舞」
1月14日(土)
①10:00~ バロー上越モール
②11:30~  高田本町イレブンプラザ
※両会場ともに披露は約30分

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月25日(水)6:30より配信