1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 城西中2年・斎藤綺良理さん 空手全国大会で優勝

城西中2年・斎藤綺良理さん 空手全国大会で優勝

2018年04月17日 14:11更新 - 5か月前

上越市立城西中学校2年生の斎藤綺良理(きらり)さんが、JOCジュニアオリンピック彩の国杯 全国中学生空手道選抜大会の組手で初優勝した。斎藤さんは16日、村山市長をたずね、優勝を報告するとともに、今後への決意を語った。Still0417_00000

全国中学生空手道選抜大会で優勝したのは、城西中学校2年生の斎藤綺良理さん。

IMG_3030

青帯が斎藤綺良理さん  写真提供:斎藤祐樹さん

大会は先月、埼玉県で開かれた。斎藤さんが出場したのは中学1年女子の組手。斎藤さんの得意技は相手の突きや蹴りに合わせて攻撃を繰り出す「カウンター」だ。

IMG_3124

決勝では大阪の選手と対戦し、6対0と相手を圧倒して優勝した。この大会で2位になったことはあるが、優勝は初めて。

20180328彩の国杯全中選抜_180417_0162

写真右 斎藤綺良理さん 

「強い選手がたくさんいた中で一番はうれしかった。小さいころからの夢がかなった」と笑顔で試合を振り返る斎藤さん。きのう、上越市空手道連盟育成強化委員長の父・祐樹さんと母・天子さんとともに上越市役所を訪れ、村山市長に優勝を報告した。

Still0417_00003

斎藤さんは、父・祐樹さんが運営する空手道場「直心道場」で、2歳から空手をはじめた。稽古では常に年上を相手にして、カウンターの技を磨いてきた。

Still0417_00004

村山市長は「空手はオリンピックの種目になり脚光を浴びている。上越市には来年、県立武道館ができるので、そこでも活躍してほしい」と期待を寄せた。

Still0417_00002

斎藤さんは今回優勝したことで、8月の全国中学校体育大会への出場を決めた。「目指すのは優勝」と言い切り、さらにその先の夢も語る。「全中は優勝。今年度の空手道選抜大会は2連覇。そして今後はオリンピックで優勝できるようにがんばりたい」と。

※2018年4月17日(火) ニュースLiNKで放送 初回18:30~

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る