上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

夏の高校野球はJCVで!
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 平昌五輪内定!妙高市出身 冨田せな選手

平昌五輪内定!妙高市出身 冨田せな選手

2017年12月28日 16:08更新 - 1年前

来年2月に開催される平昌オリンピック スノーボードハーフパイプの日本代表に、妙高市出身の冨田せな選手が内定し、28日に妙高市長を表敬訪問した。

171228_冨田せな選手01

冨田選手は妙高市原通出身で現在、胎内市にある開志国際高校3年生。オリンピック出場は初めて。父親、達也さんの手ほどきで、3歳から滑りはじめた。その後、中学1年生でプロに昇格、今シーズンからワールドカップに参戦。アメリカで開催された第2戦で4位になると、中国での第3戦では準優勝した。

今シーズンのワールドカップランキングは現在3位で日本人トップ。その実績が評価されて平昌オリンピック出場に内定した。

171228_冨田せな選手02

入村市長は、冨田選手と両親を笑顔で迎え「一歩一歩やれば、良い結果が出る。頑張ってください」と激励した。
冨田選手からは「keep on smile」と書かれた色紙が入村市長に手渡された。

171228_冨田せな選手03

スノーボードハーフパイプでは、縦回転ができる女子選手が少ないといわれる中、冨田選手はそれを得意としている。

冨田選手は「嬉しい。ほっとしている。自分の満足いく演技で終わりたい。空中でのスタイルや勢いのある滑りを見てほしい」と話した。

今後は今月31日からアメリカでの強化合宿に入る。アメリカやスイスで開催されるワールドカップに参戦し、一度帰国してから2月に平昌へ向かう。

Print
※2017年12月28日 ニュースLiNKで放送 初回18:30~

 

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越ただいま配信中