1. 上越妙高タウン情報
  2. 地元ニュース
  3. 東京五輪に向けて 給食にドイツ家庭料理登場

東京五輪に向けて 給食にドイツ家庭料理登場

2017年12月06日 16:15更新 - 5日前

Still1206_00001

3年後の東京オリンピックで大潟区がドイツ体操チームを受け入れることから、上越市内の小中学校の給食にドイツの家庭料理が登場している。  

大潟区は3年後の東京オリンピックでドイツ体操チームの事前合宿地に選ばれている。きょうは大潟区の中学校でドイツ料理が出された。献立は、ドイツでよく食べられている家庭料理。

Still1206_00002左:「農家の朝食」と呼ばれる卵料理 右:ドイツ風バーグ 

主菜は「ベルリンのブレッテン」と呼ばれるドイツ風ハンバーグ。日本のハンバーグよりもタマネギが少なく肉が多いのが特徴。

Still1206_00003

生徒は「日本の和食とは違って、肉々しくておいしい」と笑顔でほおばっていた。

上越市教育委員会ではオリンピックにむけて、ドイツ文化を学び「おもてなし」につなげようと、ホストタウン推進事業に取り組んでいる。今回の給食もそのひとつ。このメニューは今月22日まで市内すべての小中学校に登場する。

Print
※2017年12月6日  ニュースLiNKで放送  初回18:30~

 

 

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2017 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る