上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. イベント
  3. 【プレゼント】「遠藤彰子展 巨大画の迷宮にさまよう」新潟市美術館で開催中! 

【プレゼント】「遠藤彰子展 巨大画の迷宮にさまよう」新潟市美術館で開催中! 

2024年07月07日 12:00更新

「遠藤彰子展 巨大画の迷宮にさまよう」が、新潟市美術館で8月25日(日)まで開催されています。上越妙高タウン情報では、招待券をペア10組20名様にプレゼントします。詳しくは下記をご覧ください。

鐘《鐘》 2007-2008 年 333.3×745.5センチ 個人蔵

画家・遠藤彰子(1947‐)は、自身を取り巻く身近な事象をテーマにしながらも、その壮大な世界観で、観る者に圧倒的な印象を残してきました。「人間の存在」及び「今生きている実感」を追求した油彩画は、縦3.3×横7.5メートルにも達する巨大画へと発展し、われわれを果てしない迷宮の世界へと引き込みます。本展ではおよそ80点の作品を通して、その半世紀にわたる画業を振り返ります。

みどころ
①新潟県で初開催!

遠藤彰子_たそがれの街たそがれの街》 1982 年 194.0×259.0センチ 新潟市美術館蔵

武蔵野美術大学油絵学科名誉教授でもある遠藤彰子による個展は、新潟県内では初開催となります。さらに、新潟市美術館収蔵の《たそがれの街》を特別出品します。この貴重な機会をお見逃しなく。

②半世紀にわたる画業を一挙公開!

楽園シリーズ楽園の住人たち《楽園の住人たち》 1974 年 130.3×194.0センチ 個人蔵

大作シリーズことばひびくあたり《ことば響くあたり》 2019 年 333.3×497.0センチ  個人蔵

画家としてデビューした1970 年代に描かれた「楽園シリーズ」をはじめ、飛躍のきっかけとなった「街シリーズ 」 、そして1989年から現在まで続く500号を超える「大作シリーズ 」を中心に、立体や新聞連載小説の挿絵といった広範な活動の軌跡を一堂に展観します。

そのほか、関連事業としてワークショップや担当学芸員によるギャラリートークが行われます。詳しくはホームページをご覧ください。

「遠藤彰子展 巨大画の迷宮にさまよう」
■会期:~ 8月25日(日)
■時間:9:30~18:00(観覧券の販売は17:30まで)
■場所:新潟市美術館 企画展示室(新潟市中央区西大畑町5191-9)
■休館日:月曜日(ただし 7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
■観覧料:当日券 一般1200円 / 大学・高校生900円 / 中学生以下無料
■新潟市美術館 HP:http://www.ncam.jp/
■問い合せ:TEL 025-223-1622(新潟市美術館)


【読者プレゼント】

「遠藤彰子展 巨大画の迷宮にさまよう」
招待券 10組20名様

■応募条件 
 上越妙高タウン情報  会員登録者
 ※無料会員登録はこちら↓↓
 https://www.joetsu.ne.jp/form/

■応募方法
 下記、応募フォームより必要事項をご明記の上、ご応募下さい。
 応募フォームはこちら
 申込締切7月15日(月)

※当選者へのチケット発送は7月16
日(火)頃の予定です。


ban-hsb2024

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る