上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 中郷小 パラスポーツ「車いすバスケ」にチャレンジ!

中郷小 パラスポーツ「車いすバスケ」にチャレンジ!

2024年06月13日 11:39更新

車いすを使ったバスケットボールの体験会が12日(水)上越市立中郷小学校で開かれました。

Still0612_00004

体験会は、パラスポーツを通じて児童に障がいの有無に関わらず支え合う社会について考えてもらおうと「日本財団パラスポーツサポートセンター」が全国の小中学校などで開いています。

Still0612_00008

講師はバスケットボールの選手として全国障害者体育大会に7回出場した経験のある加藤正さんです。加藤さんは、競泳やアイスホッケーなどで、パラリンピックにも5回出場しています。

Still0612_00000

この日は中郷小学校の5、6年生31人が、車いすバスケットボールを体験しました。加藤さんは競技用の車いすは車輪が斜めになっていて、スピードコントロールや小回りが重視されていると特徴を説明しました。児童はさっそく車いすに乗り、ミニゲームに挑戦しました。

Still0612_00010

普通のバスケットとは違うボール運びに戸惑いながらパラスポーツの面白さを実感していました。

Still0612_00005

児童
「思ったより曲がることが難しかった。シュートはできなかったけど投げることができた」

Still0612_00007

最後に加藤さんは何事にもチャレンジしてほしいと呼びかけました。

Still0612_00006

児童
「努力をしたりみんなと協力したい。加藤さんの話を聞いてプロ野球選手になる夢を持って頑張りたい」

車いすバスケット講師 加藤 正さん
「車いすバスケット = 障がい者スポーツではなく、自分たちがやって楽しい、見て楽しいと感じてほしい。あとは、障がいのある人たちと一緒に関わるにはどんな工夫が必要か少しでもいいので感じてもらう、考えてもらうきっかけになればと思う」

この体験会は14日(金)まで市内の5つの小学校で行なわれます。

 

5b06d428b6d7b7c093162423cf250a00

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る