上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. グルメ
  3. 一皿に込めた伝統と革新!ホテルアルペンブリックに創作和食レストランオープン

一皿に込めた伝統と革新!ホテルアルペンブリックに創作和食レストランオープン

2024年06月13日 17:41更新

妙高市池の平温泉 ホテルアルペンブリック内に、創作和食を提供するレストラン「創作和食 暖 -DAN-」がオープンしました。

アルペンブリック外観

コンセプトは「昔からの日本料理の伝統を生かしながら、独創的な新しい料理を楽しんでもらうこと」です。

Still0612_00000

コース料理(前日までに要予約)
一般入場の場合(夕食のみ)12000円(税込)
アルペンブリック宿泊時(夕・朝食) 10000円(税込)
※通常の2食付き宿泊プランよりアップグレードの場合

提供されるのは、10~12品ほどで構成されるコース料理です。

料理長を務める緑川大吾さんは横浜市で14年間、和食料理に携わってきました。提供する食材は基本的に県内産や妙高産のものを使用し、地産地消を目指しています。

緑川さんは妙高の地元食材にふれて、そのおいしさに心打たれたといいます。

アルペンブリックふきのとう

緑川さん
「雪の下で育ったフキノトウにアクが少なくおいしいことや、全国であまり知られていないくびき牛もすごく魅力的な味わいで、シンプルな調理法で食べてすごくおいしかった」

アルペンブリック冷たいブリ大根

コース料理では、昔から親しまれているゴマ豆腐の作り方をアレンジした「ふきのとう豆腐」や、卵黄ムースを付けて食べるお刺身、冷たいブリ大根など、伝統的な技法と新しい技法を織り交ぜた料理が提供されます。

アルペンブリック卵黄ムースの刺身

緑川さんは料理人としての遊び心を交えながら、日本料理という枠にはまらないように常に意識しています。

アルペンブリックふきのとう豆腐

「ふきのとう豆腐」は、フキノトウをミキサーにかけて、ペーストにしたものを使って作っています。

アルペンブリックいり酒

また、「アジの刺身」には、醤油ができる前から使われているという調味料「煎り酒」を使っています。

アルペンブリックあゆ

こちちはアユを丸ごと一匹、5時間低温調理した「鮎のコンフィ」。箸で簡単に切れるほど柔らかく、骨まで丸ごと食べられます。

アルペンブリックくびき牛

くびき牛を低温調理したあと、ワラを使って香り付けをした「藁焼き」は、スモークの香りと肉の甘みが味わえます。ワサビや手作りの生七味、ぶどう塩など、味変も楽しめます。

アルペンブリックデザート

デザートは3種類のベリーを使ったゼリーと、まるでケーキのようななめらかなプリンです。

伝統的な日本料理の美しさの中に、料理長の個性が光る料理の数々。モダンな空間の中で、唯一無二の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

アルペンブリック(真ん中料理長)

写真中央:緑川大吾さん

料理長 緑川大吾さん
「日本料理のお店は、堅苦しいイメージを持たれる人が多いと思いますが、家族や若いカップル、記念日を迎えた方が気軽に来られるような、温かいおもてなしができるように店づくりを考えています。皆さまの記憶に残るような、素晴らしい料理でお出迎えします。ぜひお越しください」

店舗情報


創作和食 暖 -DAN-
■住所:妙高市池の平温泉2452 ホテルアルペンブリック内
■電話:TEL0255-86-3180(ホテルアルペンブリック)
■営業時間:18:00~21:00
■定休日:不定休

※番組は上越妙高タウン情報のプレミアム会員でご視聴いただけます。

 

5b06d428b6d7b7c093162423cf250a00

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る