上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. スキーの楽しさ分かち合う 妙高でブラインドスキーツアー

スキーの楽しさ分かち合う 妙高でブラインドスキーツアー

2024年02月11日 15:23更新

皆さんは「ブラインドスキー」をご存じですか?

視覚障がいのある人が、目が見える人のサポートを受けながら一緒に滑ることです。

ブラインドスキーツアーが11日(日)妙高市で行われ、地元の中学生などがボランティアでサポーターを務めました。 Still0211_00000

ツアーは東京で活動するブラインドスキーのサポート団体TABS(タブス)が今月10日から3日間、開きました。参加したのは視覚障がいのある東京のスキーヤー7人と、サポーターのおよそ20人です。

スキーヤーの前と後ろにはそれぞれサポーターがいます。

前ではスピーカーから音を出し、滑る方向を誘導します。

Still0211_00002

後ろからは声で曲がるタイミングを知らせます。

 

Still0211_00003

この日は霧が出て見通しが悪い時間もありましたが、参加者はガイドを頼りにスキーを楽しんでいました。

Still0211_00001

参加者「前後に人が付いてくれて安心して滑れるのが楽しい。」

サポーターのうち7人は、地元の中学生や高校生、社会人がボランティアで務めました。

「学校のポスターを見て参加しようと思った。」

Still0211_00004

TABS(タブス)では年に4回スキーツアーを開いていて、妙高市には25年前から毎年訪れています。ツアーには地元のサポーターが欠かせないとして、学校にポスターを掲示するなど募集にも力を入れています。

Still0211_00001

 


Still0211_00008

TABS代表 栗田誠さん

「地元の人が助けてくれるのは大きな力。スキーは自分で風を感じられる数少ない視覚障がい者でも出来るスポーツ。楽しんでいるのが見られてとてもうれしい。」

スキーツアーは来年も行われる予定です。

Still0211_00009

サポーターはスキーができれば特別な資格は必要ありません。

TABSではサポーターを募集しています。詳しくはホームページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る