上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 吉川高等特別支援学校 1月26日(金)までアート作品を展示

吉川高等特別支援学校 1月26日(金)までアート作品を展示

2024年01月25日 22:36更新

障がいがある人のアート作品を通して、生徒に諦めずに取り組むことの大切さを考えてもらおうと、県立吉川高等特別支援学校であす1月26日(金)まで作品展が行われています。

Still0125_00007 (2)

展示されているのは、上越市内の作家3人の作品あわせて22点です。

Still0125_00001 (5)

これは、海に捨てられたガラス瓶などが割れて、波にもまれるうちに角が丸くなった「シーグラス」を使った作品です。

Still0125_00002 (4)

作者の下鳥幸彦さんは、病気の後遺症で右半身に麻痺が残っています。思うように体が動かせず落ち込んでいた時期もありましたが、クラフト作品作りに出会い、家族の助けを借りながら左手で作品を作り続けています。

今回、内山徹校長が下鳥さんの作品に心を打たれ、学校に展示してほしいとオファーしました。

Still0125_00006 (1)

内山徹校長
「下鳥さんの作品を他の場所で見てひとめぼれした。自分の特技を生かす喜びを(生徒たちに)感じてほしい」

Still0125_00004 (1)

24日は下鳥さんが学校を訪れ、生徒たちに作品の作り方や思いを話しました。

Still0125_00003 (3)

これは、シーグラスを人に見立てた作品で、枠組みの中に100並んでいます。その1つひとつに名前が付いています。

Still0125_00008 (2)

下鳥さんは、生徒に「自分はうまく喋れず手足も不自由になったが、頑張って片手でやっている。みんなも頑張って、我慢が大事だよ」などとエールを送っていました。

生徒
「下鳥さんは諦めない心がある」
「絵を描くことが得意なので、生かしていきたいと思った。春から就職するので、大変なことがあったら作品を思い出して頑張りたい」

Still0125_00005 (2)

下鳥幸彦さん
「自分はやりたくてもできないことが多いが、作品作りを始めたら楽しいことが多かった。頑張ってやろうという気持ちを子どもたちに見てもらいたかった」

作品は、あす1月26日(金)まで吉川高等特別支援学校の2階に展示されていて、誰でも自由に鑑賞することができます。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る