上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 地元の土で器を焼く「栗山像心 作陶展」 大嚴寺で11日(木)まで開催

地元の土で器を焼く「栗山像心 作陶展」 大嚴寺で11日(木)まで開催

2023年05月10日 15:46更新

Still0510_00016

妙高山麓の土などで器を焼いている妙高市の陶芸家 栗山像心さんの作陶展が上越市寺町3丁目の大厳寺で開かれています。

栗山像心さんは新潟市出身で、18年前に妙高市赤倉に窯を開きました。妙高山麓や糸魚川市の土をブレンドしたものを、登り窯で焼き上げています。会場には花器や食器など80点ほどが並んでいます。

Still0510_00010

この花瓶は、上下に分けて作ったものを合わせました。つなぎ目を残すことで表情が豊かになったということです。

230510_栗山像心陶芸展

これは釉薬をかけないで作る「焼締め」の花瓶です。窯を使わず、穴のなかに炭や藁などを置き、土を覆いかぶせて焼く技法で、焦げた模様がつくということです。

Still0510_00015

訪れた人
「繊細な作品が多い。きれい」

Still0510_00014

栗山像心さん
「炎の当たり方によって作品の色合いや雰囲気が異なる。毎回作品との一期一会を楽しみながら制作している。ふだんよりも花器などを多く展示している。これを期に大嚴寺に足を運んで、お寺に親しんでもらえたら」

栗山さんの作陶展は、大嚴寺で11日(木)午後4時まで開かれています。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る