上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 高校生が制作 紙製「戦艦大和」の模型 上越科学館に展示中

高校生が制作 紙製「戦艦大和」の模型 上越科学館に展示中

2023年05月01日 14:55更新

こつこつ作ったリアリズム!

上越市の高校1年生が、1年7か月をかけて戦艦大和の模型をすべて紙で作りました。上越科学館で今月28日まで展示されています。

Still0501_00012

これが戦艦大和の模型です。全長は157センチ、幅28センチです。実際の戦艦大和は全長263メートルあり、模型はその166分の1のスケールです。

Still0501_00005

使った素材は、段ボールや箱ティッシュなど、すべて紙です。

Still0501_00002

作ったのは上越市の高校1年生、岩澤謙心さんです。

Still0501_00010高校1年生 岩澤謙心さん

「昔から工作が好き。一度、全部紙で作ってみようと思った。戦艦大和がかっこいい」

Still0501_00006

岩澤さんは中学2年生の時、動画やプラモデルの設計図などを参考にしながら「艦橋」と呼ばれる、船の中枢部分から作り始めました。そして、艦橋の大きさから全体を計算し1年7か月かけて完成させました。

Still0501_00004

塗料は何も使わず、紙の地の色だけです。主な素材にしたティッシュの箱は4層構造が多く、それを1枚ずつはがして使いました。

岩澤さん
「カッターで紙を細く切って丸めたり、設計図がない細かい部位は勘で作った。自分で計算して合わせた部位も」

Still0501_00007

主砲やアンテナは、動かすことができます。

Still0501_00009

上越科学館 永井克行館長
「科学館でコンクール『発明工夫・模型・工作展」を開催。(出品)規定があって(不採用)本人から『せっかく作った。多くの人に見てほしい』。見に行ったら腰を抜かすほど(の作品)驚いた」

Still0501_00013

船の甲板部分も、段ボールをはがして作りました。

Still0501_00001

岩澤さんは「この作品を見て紙でいろいろ作ってもらえたらうれしい。工作が好きなのでこれからも模型作りを続けていきたい」と話しています。

Still0501_00003

「戦艦大和の模型」は今月28日まで、上越科学館で展示されています。入館料で見ることができます。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る