上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 神秘の世界!透明標本250点展示 上越市立水族博物館うみがたり

神秘の世界!透明標本250点展示 上越市立水族博物館うみがたり

2023年03月21日 13:00更新

アンコウやイカ、タツノオトシゴなどを特殊な方法で透明にして骨格が分かるようにした標本の作品展が、21日(火)から上越市立水族博物館うみがたりではじまります。一体、どんな標本なのでしょうか?
Still0320_00000

これが透明標本です。赤い部分は骨、青い部分は軟骨です。赤と青の色分けは専用の染色液を使っています。

hd_preview (1)

Still0320_00011

筋肉などのタンパク質部分は特殊な酵素や薬品で透明にしてあります。

標本を作ったのは冨田伊織さん39歳です。
Still0320_00007

冨田さんは、北里大学の水産学部で学んでいたとき、研究用の透明骨格標本に魅せられて独自に研究を重ねてきました。現在は標本作家として各地で作品展を開いています。

冨田伊織さん
「透明標本あまり見ない存在、(小さい)生き物の骨格や内在した美しさをみてもらいたい」

hd_preview

Still0320_00001

作品展は、うみがたりが開館5周年記念イベントとして企画しました。展示室にはイカやタコ、カエルやタツノオトシゴなどおよそ250点が展示されています。

Still0320_00008生きている生き物と見比べてもらおうと、水槽のわきにもおよそ50点が展示されています。

Still0320_00002

特別展「生きものがかたる造形美~冨田伊織 新世界『透明標本』 」は、あす21日から5月21日まで開かれます。

Still0320_00010

冨田さん
「いろんな角度から見てもらうとおもしろい。生き物たちの美しさを感じてもらえると嬉しい」

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る