上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 三セク「リフレ上越山里振興」雇用関係助成金を不正受給 3915万円

三セク「リフレ上越山里振興」雇用関係助成金を不正受給 3915万円

2022年12月16日 18:22更新

「くわどり湯ったり村」などの管理運営をする上越市の第三セクター「リフレ上越山里振興株式会社」が、雇用関係の助成金を不正受給していたことが16日(金)に判明しました。その額はおよそ3915万です。

Still1111_00000-2-2くわどり湯ったり村

87f77f26047cb8876631e7be09b2fdfc

ヨーデル金谷

雇用関係の助成金を不正受給していたのは、上越市の第三セクターで「くわどり湯ったり村」、「ヨーデル金谷」、「ゆったりの家」の運営管理をしているリフレ上越山里振興株式会社です。

リフレ上越山里振興は、コロナ禍の令和2年4月から雇用調整助成金と緊急雇用安定助成金を活用していましたが、今年7月までの間、休業していない日であるにもかかわらず、休業したと嘘の申請を行い、助成金を不正に受給していたとされています。その額は雇用調整助成金が3283万5083円、緊急雇用安定助成金が632万3426円のあわせて3915万8509円です。

会社によりますと今年8月、9月、11月に新潟労働局による調査を受け、平井民夫 社長が新潟労働局を訪れ、不正受給を認めたということです。

リフレ上越山里振興には不正受給額の返還のほか、年3%の延滞金とペナルティーとして返還金額の2割相当の額が請求されており、同社では早期に全額返納できるよう努め、真摯に対応していくとしています。

16日(金)には平井社長と調査の依頼を受けた弁護士が記者会見に臨みました。

hd_preview

このなかで平井社長は「担当者一人が独断で申請したもの」と述べ、組織的な不正ではないことを強調しました。また、同席した弁護士も「現段階で私的流用は確認できない」「故意か間違いかも調査中」と話しました。

会社では、弁護士により不正受給の詳細を調査しており、結果がまとまり次第、改めて会見を開き結果を説明するということです。

この件について、株主でもある上越市の中川市長は「調査結果を待って、市として必要な判断をしていきたい」とコメントしています。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る