上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 新潟大学高田分校芸能科ゆかりの展覧会 小林古径記念美術館で開催!

新潟大学高田分校芸能科ゆかりの展覧会 小林古径記念美術館で開催!

2022年10月07日 18:12更新

上越市を代表する陶芸家、齋藤三郎も講師を務めたという新潟大学高田分校芸能科。その教官や卒業生の制作した絵画や彫刻を集めた展覧会が、あす8日(土)から小林古径記念美術館ではじまります。

Still1007_00003

新潟大学高田分校芸能科は1949年から1982年まで、高田城址公園にありました。Still1007_00004

「芸能科の記憶」と題した展覧会には、かつての教官と卒業生52人の作った日本画、西洋画、彫塑など52点が展示されています。Still1007_00006

小林古径記念美術館 学芸員 伊藤舞実さん 
「高田分校が1982年に閉校になり今年で40年の節目になる。勢いのある大学があったことを知ってほしい。当時を知る人には当時を懐かしんでもらう機会になれば」

Still1007_00007

芸能科には絵画科から音楽、体育など、5つの専門課程がありました。

Still1007_00008これは、卒業生が撮影した実際の授業風景です。分校は少人数だったこともあり、アットホームな雰囲気で、学生たちは熱心に学びました。

Still1007_00009
学生たちは卒業後、中学高校の教壇に立ち県内外で美術教育を支えたということです。
 Still1007_00010この洋画は、音楽科の学生をモデルに、当時の教授が描いたものです。

Still1007_00012

 これは、卒業生で上越教育大学で教鞭をとった吉田行雄の作品です。
Still1007_00014

「芸能科の記憶~学び舎から飛び立った作家たち」は、8日から12月18日まで、小林古径記念美術館で開かれています。

Still1007_00000 

9日(日)には、分校の非常勤講師だった前文化庁長官、宮田亮平さんのトークライブが午後2時から開かれます。当時の秘蔵写真の披露もあるとのことです。入場は無料ですが入館料が必要です。

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る