上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 妙高市立第三保育園 解体前に園舎を公開 卒園生が感謝のメッセージ

妙高市立第三保育園 解体前に園舎を公開 卒園生が感謝のメッセージ

2022年08月11日 15:48更新

今年3月末に閉園した妙高市白山町の「妙高市立第三保育園」が解体されることになり、11日(木)、園舎が一般公開されました。

Still0811_00004 (2)

妙高市立第三保育園は、昭和53年に開園しました。44年間で785人が卒園しています。

その後、施設の老朽化や園児の減少により、今年3月、斐太南保育園・矢代保育園と3園が統合する形で閉園し、新しく白山町4丁目に「妙高市立新井あおぞら保育園」が開園しました。

Still0811_00006 (2)

第三保育園の園舎は、今年の秋に解体されることが決まり、11日(木)は園舎が一般公開されました。卒園生や元職員などが朝から続々とが訪れ、壁や黒板に感謝のメッセージを書き、思い出の詰まった園舎へ別れを告げていました。

Still0811_00007 (1)

Still0811_00003 (2)

卒園した小学生
「保育園がなくなるのは寂しい。優しい先生がいっぱいいて楽しかった。これからも保育園のことを思い出して、友達と仲良くしていたい」

卒園した高校生
「年長の時に作ったものが飾ってあって嬉しくなった。小さい頃のことは覚えてないと思っていたが、園内を歩いたら思い出がよみがえってきた。ここで過ごせたことに感謝」

Still0811_00005 (1)

卒園児の保護者
「娘が、最後の卒園生になった。まだ歩けない未満児のときから通い、先生たちと『初めて歩いたね』と言ったことが一番の思い出。人数も少ないなか頑張って運営してもらい、本当に楽しい園だった」

Still0811_00001 (1)

また、遊戯室には歴代の卒園アルバムが並び、親子で思い出を振り返っていました。

孫とアルバムを見に来た女性は「孫がこんなに大きくなったと、小さい頃の面影を見ると懐かしくて嬉しくなる」と話していました。

Still0811_00002 (2)

なお、新井あおぞら保育園に統合された斐太南保育園と矢代保育園の園舎は、現在、子ども食堂の運営や地域団体に貸し出しているため、解体などの予定はないということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る