上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 妙高市で「特定地域づくり事業協同組合制度」の勉強会

妙高市で「特定地域づくり事業協同組合制度」の勉強会

2022年06月29日 09:00更新

人口減少による人手不足を解消し、安定した雇用を確保する仕組みとして注目されている「特定地域づくり事業協同組合制度」の勉強会が28日(火)に妙高市で開かれました。

Still0628_00000

特定地域づくり事業協同組合制度は、担い手が不足する事業者同士が組合を立ち上げ、年間を通じた仕事を作り出し労働者と安定した雇用を確保する国の支援制度です。

Still0628_00003

星の清里共同組合

最近では今年2月に上越市清里区にある7つの農業法人が組合を設立し、新たに採用した職員を加盟する事業者に派遣するなどして担い手を確保しています。

Still0628_00005

勉強会は妙高市の主催で、市内の事業者を対象に観光や農業関係者など、およそ30人が参加し、県の担当者から設立の対象となる条件や、設立方法などについて、説明を受けました。

それによりますと、この制度は仕事や働き手の確保以外に、組合の運営費用の半分が財政支援として国などから補助されるということです。

Still0628_00007
現在、妙高市内でこの制度を活用している事業者はありませんが、妙高市を中心に移住や定住の支援活動をしているNPO法人はねうまネットワークが、今年度中に組合の設立を目指し発起人を募っているということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る