上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 幽玄のひとときを楽しむ「宵乃舞」3年ぶり島外の団体も参加/佐渡テレビジョン

幽玄のひとときを楽しむ「宵乃舞」3年ぶり島外の団体も参加/佐渡テレビジョン

2022年07月07日 15:30更新

江戸時代に金を運んだ佐渡市の京町通りで、相川音頭に合わせ踊りを流す「宵乃舞」が3年ぶりに島外の団体も参加して6月3日から2日にわたり開催されました。

Still0627_00000

宵の舞は、かつて京都などから仕入れた呉服を売っていたことからその名がついたとされる京町通りで、民謡の楽しさを表現すると共に、周辺地域の活性化を目的に開催されています。初日の3日は相川小学校3年生から6年生の踊りでスタートし参加した15人の児童が日ごろの練習の成果を披露しました。

Still0627_00008

例年島外からの参加もあり多くの人でにぎわう宵乃舞ですがおととしと昨年は新型コロナウイルスの影響で参加を島内のみに限定していました。しかし今年は新型コロナが落ち着いていることから3年ぶりに島外の団体の参加があり2日間でのべ15団体、およそ 300人が参加しました。

Still0627_00003

Still0627_00002

踊り手たちは、大工町から佐渡奉行所内までぼんぼりに照らされた道を地方の歌や三味線が奏でる相川音頭に合わせて流しました。風情溢れる宵乃舞を一目見たいと訪れた人達は、幻想的な舞いに酔いしれ、その姿を写真に収めていました。

Still0627_00004 

訪れた観光客
「粋で勇ましい踊りに感動した。最後まで楽しみたい」
Still0627_00006
流しの最終地点、佐渡奉行所跡では無数の明かりに照らされる舞を訪れた人は心ゆくまで楽しんでいました。

Still0627_00005
Still0627_00007

宵乃舞実行委員会事務局によりますと、2日間で去年の2倍ほど、のべ6,500人が足を運びました。これはコロナ禍前の3分の2ほどの人出だということです。

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る