上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. メープルシロップの原料 イタヤカエデを牧小児童が植樹

メープルシロップの原料 イタヤカエデを牧小児童が植樹

2022年06月20日 09:20更新

ふるさとの森について学んでいる上越市立牧小学校の児童が17日(金)、シロップの樹液がとれるイタヤカエデの木を山に植えました。

Still0620_00001

イタヤカエデの木を植えたのは牧小学校の3、4年生13人です。イタヤカエデは幹から採れる樹液がメープルシロップの原料に使われます。

Still0620_00005

この日は、牧区でメープルシロップの特産化に取り組んでいる梨本正昭さんが講師を務め、30本のイタヤカエデを植えました。木は1本の高さが30センチか1メートルほどです。植えた木は根元に水をやり、目印としてピンク色のリボンを付けました。

Still0620_00000

梨本さんは、区内に自生しているイタヤカエデから樹液を集め去年、メープルシロップ「雪国楓糖(ふうとう)」として販売を始めました。

児童はこの後、梨本さんにメープルシロップなどについて質問をしました。

児童
「1本の木からメープルシロップはどれくらい採れる?」

梨本さん
「1本から樹液で平均40リットルくらい。樹液は2月初めから1か月くらい採れる」

Still0620_00003

児童
「茎みたいな(細い)苗でびっくりした」
「無事に育ってくれるように願いながら植えた。元気に育ってほしい」

Still0620_00004

講師 梨本正昭さん
「(児童には)木を植える大切さを感じてほしい。(牧区を)山を生かした地域にしたい」

児童は、この日の取組みを新聞にまとめて発表するということです。梨本さんによりますと、この日植えた木から樹液が採れるには、30年から40年ほどかかるということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る