上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 雪国の必需品!オギハラ工業でスノーダンプの製造始まる

雪国の必需品!オギハラ工業でスノーダンプの製造始まる

2022年05月30日 12:02更新

雪国に欠かせないスノーダンプの製造が、上越市新保古新田にあるオギハラ工業で始まりました。2年連続の大雪で在庫が全てはけたため、例年の2倍ほどを生産する予定です。

Still0527_00001 (3)

オギハラ工業は、スノーダンプの製造を、例年より早く今月から始めました。理由は高いニーズです。

上越市高田地区で最大2メートルを超える大雪となった2年前は、ホームセンターなど小売店での売り切れが相次ぎ、品不足となりました。その次の年は例年の倍を生産しましたが、やはり在庫すべてがはけたということです。

Still0527_00003 (3)

そうした中、今年も夏を前に発注の予約が相次ぎ、依然ニーズは高い状況です。

Still0527_00002 (2)

取締役GM 荻原拓実さん
「お客様の希望に応えようと、去年はハイペースで製造を続け、平年の2倍ほど製造した。ことしも同程度の枚数を予定している」

Still0527_00004 (2)

オギハラ工業では、2種類の除雪器具を生産しています。ひとつは、オリジナルの「スノーブル」。

もうひとつが「スノーダンプ」。かつて妙高市の「吉鉄製作所」が生産したもので、その廃業にともない製造ノウハウを引き継ぎました。

現在工場では、スノーブルを1日1000から1500台ペースで、塗装する作業が進められています。

Still0527_00005

製造本部長 川上明宏さん
「塗装は、ロボットでの下塗りと、人の手で上塗り。厚く丈夫で長持ちする」

スノーダンプは、これまで県内や北陸地方を中心に出荷されていましたが、近年では他の地域からも問い合わせが増えているということです。

Still0527_00008

取締役GM 荻原拓実さん
「最近は西日本でも雪が降ったり、北海道もいままではホウキではけるような雪だったのが重くなり、引き合いがある。地元の人には『オギハラ工業といえばスノーブル』を知ってもらっているが、それが全国に広がってメジャーになることを夢見て製造している」

Still0527_00006

完成した製品は、10月頃からホームセンターなどに出荷されます。生産は夏頃をピークに、年明け1月まで続く予定です。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る