上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 佐渡看護専門学校で戴帽式 看護の道への決意を新たに/佐渡テレビジョン

佐渡看護専門学校で戴帽式 看護の道への決意を新たに/佐渡テレビジョン

2022年05月13日 11:01更新

佐渡看護専門学校で戴帽式が12日(木)に行われ、これから本格的な実習を迎える2年生が、ナースキャップを授与され看護の道へ進む決意を新たにしました。

Still0517_00000

戴帽式は、看護師を目指す学生が、本格的な実習を前に看護精神の象徴であるナースキャップをかぶることで改めて自覚や意欲を持つことを目的に行われています。今年も新型コロナウイルスの影響で保護者や来賓の参加はありませんでしたが、2年生22人が厳粛な面持ちで式に臨みました。

ナースキャップを授与された学生たちは、責任の重さを感じるとともにこれから始まる実習に向けて気持ちを新たにしているようでした。

Still0517_00001

その後、挨拶に立った佐藤賢治学校長は「不安がなければ学びの引き金を引くことはできない。実習の中で患者の声をよく聞き、自分の目や耳、手足をフルに使って成長していってほしい」と学生を激励しました。Still0517_00003

そして会場の明かりが落とされると点火の儀が行われます。学生はナイチンゲール像のろうそくから自らのろうそくに火を点し看護の精神を受け継ぎます。

Still0517_00006

式の最後には、医療に携わる者としての心構えを示すナイチンゲール誓詞が読み上げられました。

実習を控えた学生は「コロナ禍で戴帽式を行えない学校もあるなか、今日を迎えられたことを感謝したい。気を引き締めてこれからの実習に臨みたい」と話していました。

戴帽式を終えた2年生は7月から佐渡総合病院での実習に臨みます。

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る