上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 在宅ご試食モニター募集
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 秋の交通安全運動 通学路で街頭指導

秋の交通安全運動 通学路で街頭指導

2021年09月21日 17:00更新 - 3か月前

21日から全国で秋の交通安全運動が始まりました。上越市では今朝、警察などが通学路の街頭指導にあたり、児童・生徒に交通ルールを守るよう呼びかけました。

Still0921_00000

秋の交通安全運動は30日までの10日間、歩行者や自転車の安全確保などを重点目標に行われます。期間中は、警察が街頭でドライバーを指導したり、お年寄り世帯を訪ねて交通事故防止を呼びかけます。

初日の今朝は、上越大通りの大手町交差点近くで、上越警察署や交通安全協会が児童生徒に交通ルールを守るよう呼びかけました。このエリアは、上越市立大手町小学校や城東中学校の通学路となっています。上越警察署交通課交通指導係の渡邉広幸係長は「登校時間帯は交通量が多い。自転車と歩行者が衝突したり、自転車同士、自転車と車の出会いがしらの事故が起きている」と話しました。

Still0921_00003

上越警察署によりますと、今年の管内の人身事故は20日現在、128件です。去年の同じ時期より12件増えています。20日には上越市佐内町の国道8号線の交差点で死亡事故がありました。午後3時半過ぎ、70代男性が運転する軽自動車が、近くに住む70代女性の乗る自転車をはね、女性は、全身を強く打って外傷性ショックで亡くなりました。これで、今年の死亡事故は3件となり3人が亡くなりました。

Still0921_00002

今年4月には道路交通法が改正され、歩行者が信号機がない交差点を渡る時には「渡るよサイン」として手を挙げ、ドライバーに、横断する意思を伝える方法が示されました。 

上越警察署交通課交通教育係の板垣昌利係長は「(子どもだけでなく)大人も横断する際は意思表示をしてほしい。(歩行者・ドライバー)お互いが交通事故防止に努めてほしい」と呼びかけていました。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2021 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る