上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 2021上越市長選挙 市民の関心は
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. コメ作りってカッコイ~!大潟町小児童が稲刈り

コメ作りってカッコイ~!大潟町小児童が稲刈り

2021年09月14日 16:30更新 - 3日前

上越市立大潟町小学校の児童が14日、学校の中庭で育てた古代米を刈り取りました。 

Still0914_00001

稲刈りをしたのは5年生70人です。児童は5月に学校の中庭にある田んぼ、およそ1アールに古代米の苗を植え、育ててきました。稲刈りはカマを使った手刈りです。

Still0914_00003

古代米は、病気に強く育てやすいのが特長です。夏には丈が1メートルを超えるほどに育ちました。

Still0914_00004すると、思わぬ天敵が現れたそうです。スズメです。

 

Still0914_00005
児童は「スズメが来たのでキラキラテープで対策した。たくさん穫れたのでうれしい。スズメに食べられたが十分重みがある」と収穫の手ごたえを感じていました。 

 

小学校がある大潟区はコメ作りが盛んですが、児童の多くは農作業にふれる機会が少ないということです。 

Still0914_000065年担任の大橋美紀教諭は「田んぼの近くに住んでいる子は一部。大潟区の産業であるコメ作りを体験してほしい」と話していました。

児童は稲刈りする前に、近くの田んぼに出かけコンバインでの稲刈りも見学したということです。

Still0914_00007稲刈りを終えた児童
「農家は手間暇かけてコメを作っているのでカッコイイ」
「体験する前はめんどくさいと思っていた。栽培したことで興味を持った」

Still0914_00008

 

この日刈ったイネは、中庭や教室のベランダにはさがけにして、乾燥させます。どのようにして食べるかは今後話し合って決めるということです。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月17日(金)6:30より配信