上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. ウチダ和漢薬 上越市に50万円と消毒用アルコールを寄附

ウチダ和漢薬 上越市に50万円と消毒用アルコールを寄附

2021年08月19日 15:10更新 - 3か月前

若い世代に新型コロナウイルスの感染が拡がるなか、子どもの感染防止に役立ててほしいと、ウチダ和漢薬が上越市に50万円と消毒用アルコールを寄附しました。

Still0819_00000 (1)

ウチダ和漢薬が寄附したのは、現金50万円と500ミリリットルの消毒用アルコール2400本です。上越市大潟区にある新潟工場の浅間宏志工場長が村山市長を訪ね、寄附の目録を手渡したあと市長から感謝状を受け取りました。

Still0819_00001 (1)

ウチダ和漢薬では、コロナの感染拡大にあわせ、去年春から消毒用アルコールの取り扱いを始めました。これまでにも、今年7月に市内の高校6校、8月に大潟区の介護施設に消毒アルコールを寄附していて、今回の分と合わせると4000本ほどになります。

Still0819_00002 (1)

浅間さんは「大潟区に工場ができて70年ほど経つが、これまで地域貢献があまりできていない。企業が成り立っているのは地域の皆さんに支えられているから。その恩返しの思いを込めて寄附をした」と話しています。

Still0819_00003 (1)

寄附された消毒アルコールは、市内の幼稚園や保育園、小・中学校などに配布されます。寄附金は感染対策に活用されます。

村山市長は「地元企業の思いを、コロナ対策に有効に使わせていただく」と感謝していました。

Still0819_00004 (1)

浅間さんは「アルコール度数は80%近く、品質はしっかりしたもの。若年層への感染拡大が懸念されているため、子どもの施設や学校などで活用してほしい」と話していました。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2021 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る