上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 2021上越市長選挙 市民の関心は
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 霜被害を受けた「おけさ柿」 回復に向け管理指導/佐渡テレビジョン

霜被害を受けた「おけさ柿」 回復に向け管理指導/佐渡テレビジョン

2021年07月28日 15:24更新 - 2か月前

4月中旬に佐渡島内で発生した大規模な霜により、被害を受けた「おけさ柿」の回復に向けて指導会が25日、羽茂地区で開催されました。

Still0728_00009

指導会には羽茂農業協同組合をはじめ、生産者およそ70人が参加しました。

Still0728_00007

新潟県佐渡農業普及センター羽茂分室の職員による管理指導では、実際に被害にあったほ場で次年度以降の着果数を増やすための、枝の剪定管理などについて話がありました。

Still0728_00005

JA羽茂の渡辺昌彦営農課長は「生産者の方には、枝管理などを徹底して行っていただくことが回復を早めるために大切なことである」と話します。

Still0728_00008

今年4月10日から15日にかけて佐渡島内で発生した霜被害は、佐渡市によると2016年に発生した霜被害と比べ、被害面積は2倍以上になると見られ、過去にない低温被害です。島内では317ヘクタールでおけさ柿が栽培されていますが、そのうち新穂、金井、羽茂などの全体の3割にあたるおよそ90ヘクタールが霜被害を受け被害総額は、1億7000万円ほどと推定されています。

Still0728_00006

なお佐渡農業協同組合でも、今後の管理などについて同様の指導会を実施しているということです。

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月21日(火)6:30より配信