上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 2021上越市長選挙 市民の関心は
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 障害福祉施設の利用者が働くパン工房 オープンから1年 /佐渡テレビジョン

障害福祉施設の利用者が働くパン工房 オープンから1年 /佐渡テレビジョン

2021年07月01日 14:57更新 - 3か月前

佐渡市佐和田地区八幡の障害福祉施設の利用者が働くパン工房「BAKERYパンピーノ」がオープンから1年を迎えました。そこで働く人たちを取材しました。

Still0617_00008

去年6月にオープンした「BAKERY パンピーノ」。パンは、無添加にこだわり、なおかつリーズナブルな価格で人気商品「食パン」は、車で1時間以上もかけて買い求める常連客もいて、昼を過ぎると完売してしまうことも多いそうです。

Still0617_00000

Still0617_00011

そんなパンピーノは、社会福祉法人佐渡福祉会が運営する障害福祉施設「まつはらの家」の利用者と職員がパンの製造、販売を行っています。

Still0617_00012

開店してから1年。オープン当初から接客などを積極的に行っているのは、赤石 知大さんです。今では元気よく接客を行う赤石さんですが、働き始めたころは緊張することもあったと言います。

Still0617_00013

赤石さん
「自分自身で仕事を探して動けるようになったり、重要な仕事にも挑戦したりしているので、成長したなと思います」

 

Still0617_00022

赤石さんと同じく、オープン当初から働いている岩﨑 結樹さん。

岩﨑さん
「パンが売れると嬉しいです。多くの人にパンの美味しさを知ってほしい」

 

Still0617_00016

そして、去年9月からパンピーノで働いている石塚 直樹さんです。石塚さんは、接客のほかにパンの製造も行っています。

石塚さん
「今後は両手でパンを同時にこねられるようになりたい」

 

Still0617_00018

「まつはらの家」の園長の出﨑信博さん
「1年前と比べると、みんなできることが増えたと思います。地域の方に支えられながら、一周年を迎えることができました」

お店に訪れる地域の人からの応援の声に、「まつはらの家」の利用者もやりがいを感じていました。

Still0617_00021

パンピーノの営業日は毎週火曜日と木曜日、午前10時から午後3時までです。

佐渡テレビジョン

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月17日(金)6:30より配信