上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 泳ぐ宝石!「錦鯉」のセリ市開催

泳ぐ宝石!「錦鯉」のセリ市開催

2021年05月02日 15:52更新 - 4日前

県の観賞魚に指定されている錦鯉のセリ市が、2日に糸魚川市鬼伏の錦鯉共販センターで開かれました。

Still0502_00013

セリにかけられたのは、糸魚川市と上越市の生産者から寄せられた、紅白や変わりものなど8種類22匹です。上越地域の錦鯉愛好家6人が参加し、威勢の良い声が響くなか、次々と流れてくる錦鯉は10分ほどで全てセリ落とされました。この日の最高額は3万円でした。

Still0502_00012

Still0502_00016

県内で錦鯉のセリが行われる会場は、糸魚川市の錦鯉共販センターと、小千谷市のJA小千谷の2施設のみです。糸魚川市では、昭和40年頃から開かれてきました。糸魚川市・上越地区錦鯉共販協議会の小林公典さんは「錦鯉は人懐っこくて可愛らしい魚。セリだと通常より安く手に入るし、昔から変わらないこの掛け声がセリの良さ」と話していました。

Still0502_00014

しかし年々、生産者や錦鯉を飼う愛好家の数は減っているといいます。小林さんは「上越地域の生産者は、一番若い人で50代。運営している事務局も高齢化が進み、セリをいつまで続けられるかわからない。『泳ぐ宝石』として県内でも有名な錦鯉の魅力を知ってもらい、活気ある糸魚川の伝統を残していきたい。見学だけでもぜひ足を運んでほしい」と話していました。

Still0502_00015

5月のセリ市は、毎週日曜日の午後1時30分から、糸魚川市鬼伏の錦鯉共販センターで開かれます。参加する場合は、会場で1500円のセリ券を購入する必要があります。見学は自由です。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 5月7日(金)6:30より配信