上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 新穂中学校生徒が手作り紙芝居を読み聞かせ

新穂中学校生徒が手作り紙芝居を読み聞かせ

2021年04月07日 17:57更新 - 1週前

佐渡市立新穂中学校の生徒が、地元の園児に手作りの紙芝居の読み聞かせを行いました。
Still0407_00002

新穂中学校の全校生徒は総合学習のなかで、去年10月からより良い世界を目指す国際目標SDGsについて学び、各テーマに分かれグループごとに活動を行ってきました。差別、不平等について学んでいる1年生のグループは「いじめ」という概念が薄い園児などに向け「なかまはずれ」と題した紙芝居を制作しました。

Still0407_00003

当初、いじめ防止ポスターの制作を実施する予定でしたが、自分たちの思いをより伝えたいと紙芝居制作に変更。出来上がった紙芝居は生徒が新穂トキっ子保育園を訪れ、紙芝居を披露する予定でした。しかし新型コロナウイルス感染症対策として、中学校に新穂トキっ子保育園の保育士を招いて披露し、保育士が代わりに園児へ読み聞かせを行いました。

Still0407_00004

その後、続編も制作してほしいという保育士からの要望に応え、生徒たちは2週間ほどかけて制作し、先月25日、ようやく新穂トキっ子保育園で園児たちに直接読み聞かせをしました。

Still0407_00006

生徒は自身が考えて書き上げた物語のセリフを分担し、気持ちを込めて読み上げていました。

Still0407_00007

園児は「紙芝居の中で、友達がいじめられていてかわいそうだった」と話していました。

また紙芝居を披露した新穂中学校生徒は「自分ではなく、周りの友だちがいじめられていたら、助けてあげて欲しいという気持ちを込めて制作した。緊張したが、真剣に聞いてくれてうれしかった」と話していました。

Still0407_00001

なお、新穂中学校ではSDGsについて学ぶ授業を今年度も行う予定だということです。

Still0407_00008

佐渡テレビジョン

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 4月15日(木)6:30より配信