上越妙高タウン情報

  • 夏の高校野球2024
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 夢を持って!拉致被害者 蓮池薫さんが上越高校で講演

夢を持って!拉致被害者 蓮池薫さんが上越高校で講演

2021年01月26日 16:00更新

朝鮮民主主義人民共和国、北朝鮮による拉致被害者、蓮池薫さんを招いた講演会が25日(月)上越高等学校で開かれ、生徒たちは人権の大切さを学びました。

Still0126_00001

蓮池さんは「拉致で私は夢を奪われた。北朝鮮に行き自由を奪われた。ただ飯を食って生きるだけ、夢は無残に奪われた。」と語りました。

Still0126_00000

蓮池薫さんは、43年前の1978年に柏崎市の海岸で北朝鮮に拉致されました。2002年に帰国するまでの24年間、北朝鮮のスパイになる訓練を受けたり、日本語を教えたりしていました。講演会で蓮池さんは、拉致は人権を踏みにじり、夢と家族をうばうと話し「自分の夢を大事にしてほしい。夢があるから人間は希望をもって生きていける。それを奪われた時の苦しみを考え、夢をもって生きて欲しい」と訴えました。

Still0126_00005

講演を聞いた生徒は「家族に会えないとか、一時期は子どもを北朝鮮に残されたことを知り、大変だと思った。拉致で何をされていたかわからなかったので知れてよかった。自分が拉致されると家族も辛い思いをする。早く解決してほしい」と話しました。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2023 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る