上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 雪國商店オンラインショップ
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 稀少な深海魚「テングノタチ」19日(土)からうみがたりに展示

稀少な深海魚「テングノタチ」19日(土)からうみがたりに展示

2020年12月19日 16:03更新

上越市立水族博物館うみがたりで、12月19日(土)から珍しい深海魚「テングノタチ」の標本展示が始まる。

魚全体

 

これがうみがたりに展示される「テングノタチ」。全長123cm。今月6日に糸魚川市能生の海岸に打ちあがっているところを地元の高校生が発見。うみがたりに連絡があり、展示することとなった。魚の顔

「テングノタチ」は深海に生息する赤マンボウの仲間。「リュウグウノツカイ」に似ているが別種で、リュウグウノツカイよりも見る機会が少ない希少種。銀灰色の体に、天狗のように頭部上部から伸びる赤色の背びれを持っていることが名前の由来。太平洋の暖海域に広く分布しているが、ごくまれに富山湾などの日本海で水揚げされることがあるという。

1

今月6日 糸魚川市能生の海岸

Still1219_00000

Still1219_00001

上越市立水族博物館うみがたり 1F催事ホール

うみがたりでは氷漬けにした状態で展示。個体の傷みや色抜けを最小限に抑え、生きた状態に近い姿を観察することができる。

「テングノタチ」は生態など不明な点が多いことから、展示後は調査研究のために標本として保存される。

「テングノタチ」氷漬け標本展示
■期間:12月19日(土)~展示の状態により未定
■時間:11:00~17:00
■問合せ:℡025-543-2449(上越市立水族博物館うみがたり)
http://www.umigatari.jp/joetsu/

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2022 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る