上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  • 2021上越市長選挙 市民の関心は
  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 大手町小1年生 羊毛を使ったペーパーウェイト販売!

大手町小1年生 羊毛を使ったペーパーウェイト販売!

2020年11月28日 06:03更新 - 10か月前

上越市立大手町小学校の1年生が、学校で飼っている羊の毛を刈ってペーパーウエイトを作り、27日、二・七の市で販売した。

Still1127_00000

販売したペーパーウェイトは、石のまわりを色染めした羊の毛でコーティングしたもの。羊の毛を伸ばして石を真ん中にのせ、ちょっとだけ水に濡らして泡をつけて、それを丸くしたら出来上がり!

Still1127_00002

大手町小学校の1年生61人は4月から羊4頭を飼育していて、夏には毛刈りを体験した。羊は本来なら、冬になる前、牧場に返すはずだったが、児童の希望で飼育を続けることになり、その費用をどうするかが課題になっていた。

大手町小学校の倉井華子教諭は「子どもたちはエサを自分たちで電話で注文したり、費用を羊用の通帳で管理したり、(羊を飼育するのに)いくらかかるかを分かっている。このままだと足りないねって話になり、ペーパーウェイトを作って売ってみようということになった」と話している。

ペーパーウェイトは、もともと文化祭で発表しようと、児童が羊毛の色染めを学び、糸を紡いで作ったものだったが、思わぬ再利用となった。朝市では、新たに作った70個を並べ、1個200円で販売した。

購入した人は「(羊毛を)染めるのも児童たちがやったみたいで、とても綺麗にできている。飾っておきたい」と喜んでいた。

販売した1年生は「羊さんを飼っているけど、エサが足りないからペーパーウェイトを売ったお金でエサを買う」「羊さんのエサをどんどんあげてお世話をする」と売り上げの使い道を話してくれた。

Still1127_00007

ペーパーウエイトは1組と2組が交替で売り、どちらも20分ほどで完売。羊の飼育は3学期の終わりまで続ける。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 9月24日(金)6:30より配信