上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 雪室で野菜はどれだけ甘さが増すか 今冬に貯蔵実験

雪室で野菜はどれだけ甘さが増すか 今冬に貯蔵実験

2020年07月30日 18:41更新 - 4日前

雪室・雪下野菜のブランド化を目指しているJAえちご上越は、今年12月、浦川原区の雪室でその効果を確かめる貯蔵実験を行なうことになり、現在、参加者を募集している。

Still0730_00001

雪室の貯蔵実験は、JAえちご上越の雪下・雪室研究会が取り組んでいる。JAでは雪下・雪室野菜のブランド化を進めていて、研究会では、雪室の活用ノウハウの確立を目指してる。

Still0730_00003

29日は、研究会の総会が開かれ、今年12月から浦川原区の育苗センターを改修した雪室で、秋野菜の貯蔵実験を行う計画が発表された。実験では、雪下や雪室に保存した野菜について、甘味の増し具合、適した野菜の種類や保存期間などを調べる。

Still0730_00000

写真提供:JAえちご上越

研究会の相澤誠一会長は「貯蔵することで品質が良くなるというスタイルを作らないと、農家が雪下・雪室野菜づくりに向かえない。甘味が増すと分かれば、消費者にもアピールできる」と今年度の実験に意気込んでいる。

Still0730_00002

現在、雪室には安塚区から16トンの雪が運び込まれ、利用者を募集している。野菜を入れるコンテナ1個あたりの利用料金はキャベツ、白菜が200円、その他が300円。扱うコンテナは最大1,500個。詳しくは、わかば営農センター(025-599-2028)まで。

Still0730_00004

写真提供:JAえちご上越

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 8月4日(火)6:30より配信