上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 上越市消防団「まとい」「竿頭綬」 ダブルの栄誉!

上越市消防団「まとい」「竿頭綬」 ダブルの栄誉!

2020年06月29日 18:13更新 - 2週前

上越市消防団が、日本消防協会の定例表彰で最高位となる特別表彰「まとい」を受賞、さらに消防庁長官表彰の竿頭綬も受章した。ダブルの栄誉は全国で上越市消防団だけの快挙となる。

Still0629_00004

特別表彰「まとい」は、全国に約2200ある消防団から規律、技能、さらに消防操法大会での結果等が特に優れた10団体にのみ授与される最高栄誉賞。まといを受賞するには「表彰旗」とよばれる表彰を受けたうえ、以後10年間の活動実績が審査される。

Still0629_00003

上越市消防団は平成17年の設立。現在14の方面隊に53分団222の消防部があり、4024人の団員が夜警などの防火活動から消防訓練に励んでいる。その成果は、去年1年間の火災発生件数30件と、前の年より3割以上減らすことに繋がっている。まといの受賞は今回が初めてとなる。

Still0629_00000 (1)

29日は小川時雄団長と副団長の3人が村山市長に受賞を報告した。小川団長は「上越は密集地区が多く大規模火災になりやすい。また、大きな河川があって洪水の危険もある。その度に必ず消防団が出動してきた」「1日と15日には必ず夜警をしている。それらの活動の継続が実を結んだ結果だと思う」と受賞を喜んでいた。

Still0629_00002 (1)

また上越市消防団は消防庁長官表彰の竿頭綬も受章した。「まとい」と合わせたダブルの栄誉は、全国で上越市消防団のみ。

小川団長は「現在の消防団員だけでなく先代の力もあり受賞できたもの。団員の活動の鼓舞に繋がってほしい」と話していた。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 7月13日(月)6:30より配信