上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 中山間地域でらっきょう実証栽培 収穫期迎える

中山間地域でらっきょう実証栽培 収穫期迎える

2020年06月19日 10:58更新 - 2か月前

新たな名物を目指して!

中山間地域の使われていない農地で、らっきょうの実証栽培が進められている。収穫期を迎え17日、農家が出荷作業に汗を流した。

Still0618_00000

らっきょうの実証栽培は、上越市が3年計画で取り組んでいて、今年が2期目。狙いは、中山間地域で使われていない農地の再活用。市によると、らっきょうはあまり手間をかけずに栽培できるということ。実証地区は牧区と清里区の畑約30アール、そのうち牧区の宇津俣地区では、農事組合法人雪太郎の郷が約10アールの畑でらっきょうを育てている。この日は、メンバー5人が収穫作業に汗を流していた。

Still0618_00001

収穫のあとは根や葉を切り落とし、乾燥させたあと袋づめにする。出荷先はあるるん畑や県内の市場など。 雪太郎の郷の佐藤健一 代表理事は「今年は小粒で使いやすい大きさに育った。問題は単価と収穫量。なかなか読めない」と話す。

Still0618_00003

今年は卸し価格でキロ当たり500円から600円を想定しているということ。

Still0618_00004

佐藤代表理事は「シチューに入れて子どもが食べるなど、食べ方に工夫をすれば需要が伸びるのでは」と話していた。Still0618_00002

市では収益などのデータをもとに、今後の取組みをどうするか、専門家などと協議していく方針。

 

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 8月5日(水)6:30より配信