上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 非接触型の体温計 日本曹達が地元の中郷区に寄付

非接触型の体温計 日本曹達が地元の中郷区に寄付

2020年05月20日 18:53更新 - 2週前

ウイルス感染症対策に役立ててもらおうと、日本曹達二本木工場が地元中郷区の小中学校や福祉施設に非接触型の体温計14台を20日に寄附した。

Still0520_00001

体温計を寄付したのは日本曹達株式会社二本木工場の立花輝雄工場長など3人。この体温計は体に触れず、額にかざすだけですぐに検温できる。中郷区総合事務所と区内の保育園、小・中学校、3つの福祉施設に2台ずつ計14台を寄付した。新型コロナウイルスの感染拡大後、上越市にはマスクが数多く寄付されているが、体温計が寄付されたのはこれが初めて。

総合事務所には各施設の代表が訪れ、立花工場長が直接体温計を手渡した。中郷小の饒村泰世校長は「学校再開に向けて体温計を探したがなかなか見つからなかった。健康で安全安心な学校づくりへ大切に使う」と感謝を述べた。

Still0520_00002

日本曹達二本木工場では設備工事を去年秋から行っていて、従業員以外にも工事関係者が数百人単位で出入りしている。そのため感染症対策に簡単に検温ができる非接触型の体温計を必要としていた。同時に地域でも体温計を求める声があり、それを含めて4月中旬に発注したものが今週に入って届いたという。

Still0520_00003
中郷保育園の森山真紀園長は「園生活では毎日必ず1回検温しているが、1番多いクラスでは23名いて、従来型では検温してから体温計を消毒、次の子に検温と続けると30分以上かかっていた。時間の短縮になって大変ありがたい」と話していた。

Still0520_00004

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 6月1日(月)6:30より配信