上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 元気でね! 黒田小4年生がサケの稚魚放流

元気でね! 黒田小4年生がサケの稚魚放流

2020年03月26日 18:56更新 - 2週前

上越市内を流れる青田川で26日、黒田小学校の児童がサケの稚魚を放流した。

Still0326_00002

稚魚を放流したのは黒田小学校の4年生26人。児童は環境問題について考えようと1年間、青田川などの水質調査やごみ拾いをしてきた。この日は学校の裏を流れる青田川で、サケの稚魚5,000匹を放流した。

Still0326_00004 (1)

サケが川に戻るのは4年後で、その割合は0.2%と言われている。児童は「元気でね!」などと声をかけた。放流を終えた児童は「ごみを減らしてサケが生きやすい川にしたい」と話していた。

Still0326_00003 (1)

稚魚は関川水系漁業協同組合が、村上市の漁業協同組合の協力を得て用意した。組合では環境保全活動として毎年この時期に放流していて、3年前からは黒田小の児童を招いて行っている。

Still0326_00006

関川水系漁業協同組合の吉村正治代表理事組合長は「自然の中でどういう風に魚が生息できるのかを勉強してほしい」と話した。

Still0326_00007

この日は儀明川でも5,000匹が放流された。組合では、去年秋の1か月間に上越市上島付近の関川でサケ60匹の遡上を確認したということで、「放流の成果だ」と喜んでいた。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 4月7日(火)6:30より配信