上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 受け継がれた思い大切に 帯アート作品展

受け継がれた思い大切に 帯アート作品展

2020年02月20日 14:43更新 - 1か月前

着物の帯を折りたたみインテリア雑貨に仕上げる、その名も「帯アート」の作品展が上越市本町2丁目の本町ふれあい館で開かれている。

Still0219_00002

 会場にはバラの花やウサギなど使う帯の色や模様を生かし、様々な形に仕上げた「帯アート」が展示されている。

IMG_8111

作ったのは上越市北本町の井上瑞枝さん。25年ほど前にリサイクルショップなどで売られている帯で作品が作れないか考え、試行錯誤の末「帯アート」を生みだした。

Still0219_00003

こだわりは帯にはさみを入れないこと。1か所も切らず、縫ってもいないのでほどけば帯に戻る。こうすることで帯のまま保管できるうえ、展示会のたびに季節に合わせたアレンジを楽しめるという。

帯の中には、親から子へと継がれてきたであろう昭和初期のものや、七五三用にオーダーメードしたとみられる高価なものもある。

Still0219_00001

井上さんはこうした帯に再び目を向けてほしいと感じている。

「年配の人は懐かしいと思う。やたら捨てないで。飾り方を工夫すればすごいインテリアになる」と話していた。 

IMG_8147

会場には、井上さんの仲間が作った人形や手芸作品も合わせて展示されている。帯アートの作品展は、3月3日まで、本町2丁目のふれあい館で開催。

ご覧の記事の内容は2020年2月20日(木)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 2月20日 19:00~2月27日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越ただいま配信中