上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. トップアスリートが妙高に集結!スノーシューイング世界選手権 アジア初開催

トップアスリートが妙高に集結!スノーシューイング世界選手権 アジア初開催

2020年02月16日 14:01更新 - 2か月前

アジア初のスノーシューイングの世界選手権が16日(日)、妙高市 池の平スポーツ広場で開かれ、10か国から出場した100人を超える選手が雪上ランを楽しんだ。11438001586062

 スノーシューイングはスノーシューを履いて、雪に覆われた自然のなかを走る競技。今年は日本スノーシューイング連盟と池の平温泉観光協会の主催で、アジア初の世界大会が開催された。コースは9kmと5kmの2種目。アメリカ、スペイン、インドなど10か国から100人以上の選手が出場した。

最年少は11歳、最年長は74歳と年齢層が幅広く、トップを目指すアスリートもいれば、景色を楽しみながら完走を目指す選手など、楽しみ方は様々だった。

結果、9㎞の部ではスペイン勢が1・2フィニッシュを飾った。日本勢では新潟の高村純太選手の16位が最高だった。完走した選手は健闘を称えあい、ガッツポーズをしたり記念撮影をしたりして余韻に浸っていた。

上位の結果はご覧の通り。

<9㎞>
1位 ROBERTO RUIZ REVUELTA(スペイン) 39分36秒
2位 IGNACIO HERNANDO ANGULO(スペイン)39分37秒
3位 STEPHANE RICARD(フランス)40分19秒

16位 高村純太(日本・新潟)46分10秒

<5㎞>
1位 ANDREW TYSON(アメリカ)25分49秒
2位 AYAN BIN SHAHNAZ(インド)34分07秒
3位 SIGNE BUERGER(アメリカ)35分44秒


※なお、世界選手権の模様は観光サイト「雪国ジャーニー」で公開中!!

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越ただいま配信中