上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 高田世界館まちづくりに貢献 JTBの交流創造賞受賞

高田世界館まちづくりに貢献 JTBの交流創造賞受賞

2020年02月12日 18:28更新 - 2週前

上越市本町にある高田世界館は、映画の上映だけでなく地域づくりに取り組んできた活動が評価され、このほど大手旅行会社JTBの交流創造賞優秀賞を受賞した。支配人の上野迪音さんは「地域になじむイベントを今後も続けたい」と意欲を見せている。

Still0212_00010

高田世界館は、1911年(明治44年)に芝居小屋として開業し、大正時代から映画館となった。一度は廃業に追い込まれるが、2009年NPO法人「街なか映画館再生委員会」が運営を引き継いだ。

Still0212_00002

NPOでは、市民とともに作る映画館を目指した。ただ映画を上映するだけでなく、婚活や映画の内容にあわせた子ども食堂との食イベントなどを企画したほか、コンサートや落語など、さまざまな分野に手を広げた文化活動を展開してきた。

Still0212_00004

Still0212_00005

上野支配人は「地域の活力を引き上げたいが、映画にこだわると狭めてしまう。どのジャンルでも人が呼べるように ジャンルにこだわらず市民の関心集めたい」と話す。

Still0212_00009

こうした取り組みが浸透した結果、昨年度の入館者は引継ぎ当初の10倍近い1万7,000人にのぼった。世界館の存在は、町づくりにも影響を与えた。

Still0212_00006

これは世界館のそばにあるカフェ、「世界ノトナリ」。映画を観た後、くつろぎの場が欲しいと世界館のボランティアスタッフが開いた。

Still0212_00007

このほか、世界館の近くに町家を改装した民泊施設ができたことで市外からのイベント参加者が泊まるなど、まちづくりに画期的な広がりが生まれている。

Still0212_00008

さらに去年は上越市が高田世界館の前にある広場を取得したことから、NPOがその運用を受託、縁日やあおぞら市などを開いて、にぎわいを生み出した。上野支配人は振り返って「広場の縁日は人が来るのかと思っていたが予想を上回った。広場の活用は、子どもに向けた縁日やビアガーデンなど、映画とはあえて絡ませない。裾野を広げる意味がある」という。

Still0212_00011

こうした取り組みがまちの活性化につながっているとして、先月、大手旅行会社JTBの交流創造賞優秀賞を受賞した。4回目の応募で手にした入賞だった。「街なか映画館再生委員会」では、町づくりをもっと盛り上げようと、来年度以降も世界館前の広場を活用していくということ。

ご覧の記事の内容は2020年2月12日(水)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch)初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 2月12日 19:00~2月18日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 2月25日(火)6:30より配信