上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 清里区の新特産品「清豆たると」 3月下旬から販売予定

清里区の新特産品「清豆たると」 3月下旬から販売予定

2020年02月07日 04:00更新 - 3週前

上越市清里区で新しい特産品が誕生した。地元産の青豆をつかったスイーツ「清豆たると」。はたしてどんな味に仕上がったのか?

Still0203_00000

これが「清豆たると」。ベイクドとレアの2種類ある。地元の新しい特産品をつくろうと、清里商工会の女性メンバー7人でつくるキヨモノプロジェクト実行委員会が3年半をかけて完成させた。原料には地元産の青豆が使われている。

Still0203_00001

キヨモノプロジェクト実行委員会の三原田逸美委員長は「青豆は色がきれいな緑色で清里のイメージカラーと合っている。タルトにこだわったのは、清里の恵みがギュッとつまったものにしたかったから」と話す。

Still0203_00003

丸い形のベイクドは、米粉と小麦粉をあわせたクッキー生地。中身は蒸した青豆とおからを混ぜ合わせ、アクセントにひたし豆の砂糖漬けをのせた。

Still0203_00004

もうひとつのレアは星の形をした、モナカ生地に、青豆のペーストをのせて食べる。三原田委員長は「ベイクドはサクサクした歯ごたえと青豆の風味を感じてほしい。レアはペーストが青豆のうま味を最大限活かしてある。ペーストを存分にのせて食べてほしい」と。

Still0203_00005

1月28日には完成を記念して試食会が行われた。ベイクドを試食した人は「香ばしくておいしい」、レアを試食した人は「とてもおいしい。甘さが控えめですごく良い」と話していた。

Still0203_00006

「清豆たると」は30代、40代の女性をターゲットに作られた。商品化にあたっては上越市の洋菓子店「パティスリー・リ・リ」が協力した。三原田委員長は「試作するうえで、消費期限が延びなかったり、甘さを控えると固くなってしまったりした。委員会メンバーは素人ばかりで、思いを形にするのが難しかった」「今後、タルトが多くの人の手に渡り、永く愛される商品になってほしい」と期待を寄せている。

「清豆たると」の価格はベイクドが1つ300円、レアが3個入り1袋で900円の予定。販売はパティスリー・リ・リで3月下旬からの見込み。

■問合せ:清里商工会 ℡025-528-4111

※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 1月30日 19:00~2月4日 19:00まで)

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 2月26日(水)6:30より配信