上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 北陸新幹線運休 鉄道で東京に行くには…?実際に乗ってみました

北陸新幹線運休 鉄道で東京に行くには…?実際に乗ってみました

2019年10月16日 19:01更新 - 4週前

台風19号の影響を受けた北陸新幹線。現在、長野―上越妙高駅間が運転見合わせとなっている。復旧までに最低でも1~2週間かかると見られており、しばらく利用できない。また、しなの鉄道の「北しなの線」も運休となっており、鉄道で長野方面に抜けることは出来ない。では、実際に上越地域から鉄道で東京へ行く場合、どんなルートがあるのか?
IMG_3978

現状は、ほくほく線で越後湯沢駅を経由するか、JR信越本線で長岡に出て上越新幹線を利用するかの2パターンが考えられる。実際に記者が直江津から東京までの往復をそれぞれのルートで試してみた。

結果、ダイヤにもよるが所要時間はいずれも大きな変化はなかった(※直江津―長岡間 快速を利用した場合)。また、大きな混雑も見られなかった。しかし、乗り換えなしでも東京に行ける北陸新幹線に比べると所要時間や快適さなどで不便を感じたのは事実である。一刻も早い北陸新幹線の復旧を願いたい。


ルート
ほくほく線で越後湯沢経由

ほくほく線と言えば北陸新幹線が開通する以前、上越市周辺から東京へ行く場合のメインルートのひとつだったのは言うまでもない。現在、ほくほく線の「はくたか」は運行しておらず、普通列車のワンマン車両にのって越後湯沢まで行くことになる。直江津発 越後湯沢行きの車両は1両編成。時間帯によっては席に余裕がないかもしれない。また列車内でパソコンを開いて作業をしたいという人には少々窮屈に感じるだろう。ただ車窓からの田園や田舎の景色はなかなか見ごたえがあった。少しでも料金を抑えたいという人、旅気分を味わいたい人には、こちらのルートがおすすめかもしれない。

参考例
【直江津―東京】

■所要時間:2時間58分
■料金:8,010円(自由席)
直江津⇒ ほくほく線 で越後湯沢(1時間15分)⇒ 上越新幹線で東京(1時間32分)


ルート
JR信越本線で長岡駅経由

無題
もうひとつのルートに、長岡駅を経由する方法がある。JR東日本は17日まで、直江津―長岡駅間で臨時の快速列車を1日3往復運行しているので、こちらを有効に利用する手もある。実際比較すると、ほくほく線を利用するよりも料金は少々高くなるが、快適さも含め、ビジネスマンにはこちらの方が便利かもしれない。

■快速臨時ダイヤ(※17日まで)
長岡(09:45)-直江津(10:42)
長岡(15:17)-直江津(16:18)
長岡(18:32)-直江津(19:28)
直江津(10:54)-長岡(11:55)
直江津(17:14)-長岡(18:11)
直江津(19:48)-長岡(20:45)

なお、18日以降のダイヤについては鉄道会社のホームページで確認が必要だ。

IMG_3991

参考例【東京―直江津(長岡経由 快速利用)】
■所要時間:2時間50分
■料金:9,460円(自由席)
上越新幹線で東京から(1時間37分)⇒ 長岡からJR信越本線 快速で(1時間3分)⇒ 直江津駅


※北陸新幹線のように電源はない。出かける前にパソコンや携帯の充電を忘れないようにしたい。
※鉄道の所要時間などはダイヤによって異なる場合があるので要注意。確認が必要だ。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 11月15日(金)6:30より配信