上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. 涙がとまりません!大手町小5年生 ブタとお別れ

涙がとまりません!大手町小5年生 ブタとお別れ

2019年10月10日 15:06更新 - 6日前

上越市立大手町小学校で5年生が飼っていたブタが10日に出荷された。児童は自分たちの手でトラックに乗せ送り出した。

Still1010_00008

大手町小学校では5年生が「食べるとは何か」をテーマに、今年6月からオスのブタ「シン」とメスのブタ「メイ」の2頭を飼ってきた。ブタは学校が購入した。

Still1010_00002

児童はこれまでの半年間、えさやりや小屋の掃除などの世話をしてきた。

Still1010_00003

2頭のうち、オスの「シン」が出荷の目安となる100kgを超えたため10日、送り出すことになった。

Still1010_00004

飼育小屋のそばにトラックが着くと5年生55人が、JAえちご上越の職員と協力してシンをのせた。しかし、シンは児童との別れを惜しむように、なかなか車に乗ろうとしない。

Still1010_00000

 Still1010_00005

約30分かけてようやくトラックにのせた。

Still1010_00009

5年生の代表児童は「シンが来てブタの飼育をしていくうちに、家畜農家の大変さを初めて知った。最近は嫌いなものでも頑張って残さず食べている。シン、本当にありがとう」と感謝の言葉を述べた。

また、JAえちご上越の大野竜介さんは「シンは出荷されてみんなの元に肉となって戻ってくる。『いただきます』『ごちそうさま』の言葉を忘れないでほしい。命を頂いていることを忘れず生活してほしい」と児童に話した。

Still1010_00006

見送るなか、涙を流す児童もいた。児童は「思ったより、ずっと思い出があって悲しい」「これからは、食べる命を無駄にしないようにしたい」などと話した。 

Still1010_00007

出荷されたシンは食肉にされた後、学校が肩の部位を買い取る。肩は、児童が毎日ブラッシングしてきたということ。

担任の金子善則 教諭は「シンを飼ったことで命の尊さに気づいてもらい、食べることの意味をみつけてほしい」と話していた。

この後、児童はシンの出荷までをふり返り、命や食べることについて意見を交わしたということ。

 

※ご覧の記事の内容は2019年10月10日(木)JCVニュースLiNKで放送予定(TV111ch) 初回18:30
※プレミアム会員 見逃し視聴(配信期間 10月10日 19:00~ 10月17日 19:00まで

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越 10月17日(木)6:30より配信