上越妙高タウン情報

上越妙高タウン情報

  1. 上越妙高タウン情報
  2. ニュース
  3. スマート農業実証実験 作業時間が約1割減少と報告

スマート農業実証実験 作業時間が約1割減少と報告

2019年09月17日 18:56更新 - 4週前

上越市と農業関係者が、ICTを使ったスマート農業の技術を田んぼの荒掻きなどに活用したところ、作業時間が1割ほど減ったことがわかった。

Still0917_00000

これは17日に開かれたスマート農業の中間報告会で明らかになった。上越市とJAなどの農業関係者は、今年度、GPSを利用して自動操舵できるトラクターで耕耘や荒掻きなどの農作業に取り組む実証実験を行った。自動操舵によってトラクターは、直進性能をキープすることができる。

Still0917_00001

その結果、耕耘については、1ヘクタール当たりの作業時間は約1時間12分となり、手動で運転した場合の1時間29分より減った。

Still0917_00002

また、荒掻きについても、自動操舵は1ヘクタール当たり約45分。手動は55分となり、これも減った。

Still0917_00003

一方で、同様に直進機能をもった田植え機では、1ヘクタール当たり約1時間52分。これは手動の1時間40分より遅くなった。

Still0917_00004

この結果について17日の報告会ではメリット、デメリットなどの意見が交わされた。メンバーからは「トラクターの直進キープは良いと思った」「今年初めてだったので、操作に時間がかかった。1年目では成果がわからない部分もあるので、来年度に向けて取り組んでいきたい」などの意見が出た。市では来年度も継続して実証実験を行う予定。検討会は次回、12月に行われる予定。

この記事が気に入ったら
上越妙高タウン情報にいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJCV Fan !をフォローしよう!

Copyright (C) 2016-2018 上越妙高タウン情報 All rights reserved.

ページトップへ戻る

LIVE
おはよう上越ただいま配信中